2010年2月10日水曜日

MJからチャップリン




昨今ご存知のマイケルブーム。
マイケル狂としては、当然渦中なんですが。
マイケルの歌っている曲“SMILE”は、チャップリンの曲です。





チャップリンを知らない人はいないだろうが、
チャップリンの映画を1本まるまる見たことある人も意外と少ない。
私もなかった。

先日千代田図書館の棚にポッと積まれていた“モダンタイムス”を手にとって、
SMILEが頭で流れた。
知ってて知らないチャップリンを、
もう少し知りたいという気持ちが沸いた。






そして映画を見た感想から言おう。素晴らしかった!

実際映画を見ると、映画のテーマから演出、展開、ダンス、音楽と、
ものすごく細かい部分まで計算しつくされている。

チャップリンは演じるだけでなく、監督、プロデュース、ディレクション、脚本、
そして作曲まで自身で手がけるのは有名だ。
(知識先行で実際どんなもんだかは先程も記した通り、知らなかった訳だが…。)






今よりずっと映画技術に劣る時代だが、面白く見せる為の演出は見事。

正直見る前は、古臭くて90分も見ていられないだろうと高をくくっていたが、
字幕、音楽、ダンス、効果音、映画のセットなどをリズム良く展開させる事で、
その世界観に引き込まれる。(←マイケルも影響を受けただろう)
最後まで楽しみながら見ることが出来た。

そして何よりこの映画から伝わってくるメッセージが温かい。






重要なメッセージを素晴らしいエンターテイメントとして伝える事の出来る完璧主義者。
正にマイケルジャクソンと同類、いや彼にとってチャップリンは偉大な先駆者だ。

きっとマイケルの孤独なまでの天才的才能は、
チャップリンという先輩と繋がることで癒されていただろう。

1 件のコメント:

machimachi さんのコメント...

実は私もチャップリン好きなのよぉ~。
モダンタイムズも好きだったけど、「黄金狂時代」も面白いから観てみて。
「街の灯」も素晴らしいです。
ただ、私がはまったときはまだ幼かったから、ブログを読んでチャップリンが本当に訴えたかった内容はほとんど読み取れてなかったことが分かったよ。これじゃ意味無いね。
これを機に、私も改めて観てみたくなったです。