2010年3月30日火曜日

六本木アートナイト











先週土曜日~日曜日にかけて、
夜通し六本木の街をアートするイベント
六本木アートナイト”なるイベントがやっていたので、
野次馬根性で覘きに行った。


このイベント、今年で2年目らしい。


六本木には私と対して変わらぬテンションの、
夜な夜なお祭り事を求めていそうな輩がワンサカ。













近年アートがブーム化してる。
若かりし頃、大きなクラブイベントやレイブに集まってた類の輩が
かなり乗っかってきている感があります。



But、かくいう私はこのブームにイマイチ乗り切れない。
素人だし、アートがわかった様な面するのも何だか気が引ける。
とはいっても自分なりにアートの良し悪し論を持ってしまっているが為に、
最近のアート(ブーム)に対してはついついクレーマーオヤジ化してしまう。




そんなこともあり、アートナイトに行く前には
“肯定的な見方で参加するぞ”
と自分に言い聞かせて行った訳です。






いくつか催し物やインスタレーション、展示を見る。

どの企画にも遊びの素人玄人入り乱れて人が群がる。
体験型の作品には行列が。







連れ立った友人 「僕、自分の人生にこういう無駄(=アート)っていらないです。」



私 「イヤイヤ、人生に無駄は必要なんだよ、特に効率化ばっかりの現代には。ってか無駄じゃないのかも。」



さらっと肯定してみる。



友人 「ここに集まってる人も、アートの内容も、何かインチキ臭いというか。」



私 「コラコラ、コレだけ人が集まることには何か意味があるんだよ。ほら、現代人は触れ合いや集いを欲してるからね。」



めげずに肯定してみる。



友人 「でも、だったら別にアートじゃなくて何でも良かったんじゃないかって。クラブイベントとか、何かこうハッキリしたコンセプトのものの方が楽しくないですか。」



私 「・・・。」




そんな話をしている矢先に通りを歩いていると、変なダンスをしているパフォーマーがいた。
イメージとしては、レギンスを穿いて、(猫ひろし+ラッキー池田)÷2みたいに踊ってる、オカマ版オザケン




周りに女の子が数人取り囲んで「やぁ~カワイイぃ~」とか言いながらガブリ寄っている。
この黄色い掛け声にパフォーマー、益々ハッスルし、謎な歌(言葉?)を歌いだす。
女子に浮かれちゃう様は、私にお笑い芸人とアーティストとの識別を困難にさせる。

パフォーマーの横にこのアート名の書いてある立て看板があった。
覗き込んでみる。



タイトル

“みんなでハッピー”





…やべぇ冷めてきた…。












イベントへの消化不良と夜の空腹に勝てず、
そのままクレーマーオヤジは立つ鳥後を濁さぬように居酒屋へ。
ガッツリ食い飲みした後、中目のクラブへ。




オヤジはわかり易い方が楽しい。
脳みその硬化を実感した夜でした。

0 件のコメント: