2010年4月21日水曜日

日教組トップの感覚

民主党政権の政治に憤慨している方は少なくないでしょう。

私も特に外国人地方参政権付与には亡国の危機を感じ、

遂に黙ってはおれずにこのブログにも以前記載しました。




その民主党の、最大支持母体である日教組(日本教育職員組合)。
日教組とは即ち公立小中学校の先生で作る組織。

よく国旗掲揚で起立しない先生とか、
国歌を歌わない先生とかで話題になってるのもこの組織に属す人の一件。

その日教組のトップの記事が日経に出ていましたので、

そのフィーリングを少しでも伝えた方が良いかなと思い、このブログに掲載します。



日経ビジネスONLINE 2010年4月21日(水)
「日教組」ってイメージ悪い?
インタビュアー杉山 俊幸(日経ビジネス副編集長)



与党民主党を支持する最大組織日教組トップの感覚です。





只今、こうした方々の意思が働いて、

我々日本の国を代表して、政治が行なわれています。

我々が次の選挙でどういう行動を採るべきかが問われています。