2011年1月24日月曜日

所さん風じゃないアメリカが好き

アメリカ好きの人っていうと、

何だか所さん風の人を思い浮かべてしまう。

Route66だとか、昔のコカコーラの広告とか、イージーライダーとか。



帰ってきて間もないにも拘らず、

既にシアトルが恋しくなり、

名作“恋のゆくえ ~The Fabulous Baker Boys~”を20年ぶりくらいに見た。

渋い。




華やかで、sexyで、そして哀愁がある、

俺の思い描いたアメリカって、

何かこんな感じだった。

2011年1月21日金曜日

睡眠不足のトーキョー人…5時間59分

本日の読売新聞に
東京人が睡眠不足という記事があった。





東京、ニューヨーク、上海、パリ、ストックホルムの5都市で調査。
記事によると東京人の標準的な睡眠時間は5時間59分。

東京:5時間59分(最短)
上海:7時間28分(最長)
ストックホルムが:7時間8分。

平日の標準的な就寝時間が午前0時19分と、翌日にまたがるのは東京だけ。
上海は午後10時38分。
ストックホルムは午後10時20分。

東京の起床時間は午前6時49分で、ほかの4都市と大差無し。

これが“標準的な”時間である。





この記事。見方によっては
「24時間何かしら起きている甲斐がある街」
と言うことも出来るかもしれない。

私も30年近く夜型人間だ。
東京の夜は楽しく、やることも多い。
夜型だと朝よりエネルギーもある。

30歳頃に会社が変わり、
朝定時に出社する生活を始めて早6年近く経つが、
夜の方が元気なのは差ほど変わらない。

ただこの記事がネガティブにしか捉えられなくなったら、
一度生活や人生を見つめ直すいい機会かな。

2011年1月12日水曜日

シアトル&バンクーバーに行ってきた。



前回blogでもお伝えした通り、シアトルに行ってきた。
ついでにカナダのバンクーバーにも行ってきた。


私にとって海外、
特に欧米圏を旅することが、
どれだけ心の栄養剤になるか。
本当にしみじみ感じた。

日常から飛び出してする経験、
そこから生まれる夢と活力。
これって私の人生には欠かせない。
Rockな部分は捨てたくない。



          you've got mail! ってわかるかな?




          レムコールハース作の公共図書館





          購入したてのGRで撮影してます。




 シアトルといったらコーヒーだね。未来のスタバ?いい店が色々ありました。





            シアトルを海から見る。





        dreamer Calros, Camillia, his mamaとカウントダウン。







          Amtrakで4時間弱、バンクーバーへ。






               逆行の影な俺。